スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【土・日曜日に書く】論説委員・福島敏雄 「龍馬」ブームを考える(産経新聞)

 ≪空前の観光客ラッシュ≫

 風雲児という、カッコがいいコトバがある。最近ではIT業界や兜町の風雲児などと称する人物が登場したりするが、たいていは惨(みじ)めに落魄(らくはく)するケースが多い。政界の風雲児というのも、あまり聞いたことはない。せいぜい、効き目のなさそうな「接着剤」が登場したりする程度である。

 だが歴史を繙(ひもと)くと、これぞ風雲児という傑物は多い。日本史でみると、古代でいえばヤマトタケル、鎌倉期の源義経、戦国期の織田信長などがあげられる。

 「風雲」とは辞書的にいえば、龍が風と雲とを得て天に昇る好機といった意味である。「風雲急を告げる」という慣用コトバがあるように、そんなときに登場するのが風雲児である。

 となれば、日本史上、もっとも風雲児と呼ばれるのにふさわしい男は、坂本龍馬ということになる。なにしろ、名前にも「龍」の文字がある。

 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』の放映をキッカケに、すさまじい龍馬ブームが起きている。大型書籍店に行くと、文字通り汗牛充棟といった感じで龍馬の関連本や雑誌が積まれている。龍馬が足跡を残した地域や建物は、どこも観光客ラッシュである。

 縁あって、その龍馬の軌跡を追っているが、なぜいま、龍馬なのかと、ときたま考えこんでしまった。

 ≪あまりにも忙しすぎた≫

 1990年代は「失われた10年」と呼ばれたが、いまや2000年代以降も含め、「失われた20年」と合算されるようになった。この20年間、日本という国は経済も政治も社会も閉塞(へいそく)しきっていた。ほとんど慣性の法則によって、これからも閉塞は続くだろう。

 そんな中で、龍馬は風と雲の間から、閉塞感を吹き飛ばしながら落ちてくる一閃(いっせん)の光芒(こうぼう)のような存在であった。志士にありがちな夜郎自大なところもない。自らの立場をよくわきまえ、つねに周囲に気を使い続けた。たとえば、実姉ら土佐の家郷に宛(あ)てた手紙には、

 「けしてけしてつけあがりハせず(略)、どろ(泥)の中のすゞめがい(貝)のよふに、常につち(土)をはな(鼻)のさき(先)ゑつけ、すな(砂)をあたま(頭)へかぶりおり申候。御安心なされかし」

 と書かれている。作家の安岡章太郎氏が、龍馬はまれにみる名文家だと指摘したが、比喩(ひゆ)の使い方などもユーモアにあふれている。

 脱藩の志士は、いわば無国籍者である。いくら頑張っても薩摩や長州の大藩のように、自らリーダーとなって維新を成就させることはできない。

 龍馬は今ふうに言えば、革命家だが、あくまでも脇役に徹した。そのかわり天才的な直観力で天下の情勢を見抜き、薩摩と長州をコーディネートさせ、土佐の藩論を「船中八策」でまとめさせた。

 龍馬は「予言者」のように、先を見通した。大政奉還までの道筋を読み取り、新政府の人事図を描き、経済・金融政策の方向性も示した。

 予言者に求められるのは、徹底した「無私」の精神である。決して「つけあがりはせず」、自らの利得に走ったりはしない。では「無私」とは何か。文芸評論家の小林秀雄は「無私の精神」というエッセーで次のように書いた。

 「有能な実行家は、いつも自己主張より物の動きの方を尊重しているものだ。現実の新しい動きが看破されれば、直ちに古い解釈や知識を捨てる用意のある人だ。物の動きに順じて自己を日に新たにするとは一種の無私である」

 ほとんど、龍馬像そのものである。だがその早い晩年、龍馬はあまりにも忙しすぎた。

 ≪悲劇性が魅力≫

 自らがチャーターした蒸気船の衝突、転覆事故による相手方との後始末に追われ、解決したと思ったら英国人殺害事件に部下が関与したとの疑惑の解消に奔走させられた。

 慶応3(1867)年の10月の時点になると、龍馬発案の大政奉還という土佐藩の「無血革命」論は「古い解釈」になってしまっていた。薩長による武力倒幕がアタマを持ちあげ、主流化しつつあった。龍馬は「すゞめ貝」のアタマの砂が、はげおちていたのに気がつかなかった。

 土佐出身で自由民権運動のリーダーとなった板垣退助は、明治まで龍馬が生きていたら、「大阪を作った男」といわれる薩摩の五代友厚か、三菱の創始者、岩崎弥太郎のような経済人になったのではないかと予想した。

 だがヤマトタケルも義経も信長もそうであったように、風雲児とは「横死」を宿命づけられた存在である。「明るさ」とともに、その悲劇性が龍馬の魅力のひとつでもあった。(ふくしま としお)

<航空機テロ対策>日米で連携、インドネシアに保安機材供与(毎日新聞)
広大な地盤はネットで克服 生い立ち紹介の漫画(産経新聞)
おぼれた女性1人死亡、2人が重体 千葉(産経新聞)
「はやぶさ」帰還を絶賛=蓮舫行政刷新相(時事通信)
明細書の発行義務化、診療所は8月から(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

雲仙・普賢岳 大火砕流19年、慰霊の祈り 長崎・島原(毎日新聞)

 死者・行方不明者43人を出した長崎県雲仙・普賢岳の大火砕流から19年となる3日、被災地の同県島原市で追悼行事があった。市はこの日を「いのりの日」と定め、終日慰霊の思いに包まれる。

 普賢岳は90年11月17日に噴火。大火砕流で91年6月3日に43人、93年6月23日にも1人の犠牲者が出た。周辺は今も立ち入り禁止状態が続いている。

 午前8時半、市は仁田団地第一公園の「災害犠牲者追悼之碑」前に献花所を設置。遺族や横田修一郎市長、市民らが次々に白菊を手向け、犠牲者の冥福を祈った。

 市内の小中学校で災害を語り継ぐ行事もあり、高野(こうや)小では、島原市の保育士、大山秀樹さん(29)が当時の思い出を話した。【古賀亮至】

【関連ニュース】
雲仙普賢岳噴火:あす「いのりの日」--島原 /長崎
長崎・雲仙普賢岳噴火:いのりの日控え、遺族らが「定点」周辺を草刈り /長崎
長崎・雲仙普賢岳噴火:大野木場小4年生20人、犠牲者慰霊キャンドル作り /長崎

<雑記帳>東尾さんらに ベスト・ファーザーin関西授賞式(毎日新聞)
警官また児童買春 容疑の交機隊員を近く立件へ(産経新聞)
新首相の「脱小沢」に警戒 自民(産経新聞)
口蹄疫特措法、4日施行(時事通信)
民主支持回復29%、辞任評価69%…読売世論調査(読売新聞)

お台場でTOKYOウオーク(産経新聞)

 都内の名所をめぐって新たな魅力を発見する「TOKYOウオーク2010」(共催・産経新聞社、特別協賛・ライオン、協賛・アシックス)の第1回大会が22日、お台場エリアで行われた。夏日となったこの日は2539人が6~20キロの3コースに分かれ、潮風に吹かれながら歩いた。

 6キロコースを小学3年の長男と歩いた目黒区の佐藤明子さん(40)は「道も歩きやすく親子で楽しめました」。11月20日まで計5回開催される。次回は6月19日の浅草・両国エリア。

 

事業仕分け 4割強が「一者応札」 建設8団体(産経新聞)
赤ちゃんポスト、3年目は15人=虐待の疑い例なし―熊本市(時事通信)
汚職で損害、前生駒市長らに4千万円支払い命令(読売新聞)
首相「辺野古」表明、沖縄と社民は強く反発(読売新聞)
ダイヤ鑑定かさ上げ 全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)

不審火、バイクなど4台焼く 大阪(産経新聞)

 15日午前4時ごろ、大阪市平野区瓜破東のマンション前の駐車場で、自転車が燃えているのを通行人が発見。火はまもなく消し止められたが、自転車とバイク1台を全焼、車2台の一部を焼いた。けが人はなかった。付近に火の気はなく、平野署は放火の疑いがあるとみて捜査している。

【関連記事】
遺体から睡眠導入剤検出、同成分の薬押収 大阪袋詰め事件
自宅差し押さえの掛布氏に厳しい判決 借金訴訟で控訴棄却
職員パス乱用でキセル三昧 “脱線”鉄道マン衝撃の手口
美女のパンスト持ち去る奇妙な詐欺 犯行の一部始終を直撃
経理女性3億2400万円横領、使途は本当にアレだけ?
少子化を止めろ!

雑記帳 イカ、サバ原料に「お魚屋さんのギョーザ」…八戸(毎日新聞)
農家への経営支援など指示=口蹄疫対策本部初会合で鳩山首相(時事通信)
「半農生活」農園選びが大切 指導者・距離・広さ、ポイント(産経新聞)
<公明党>景気対策の骨子発表(毎日新聞)
H2A、発射地点に=あす金星探査機打ち上げ―種子島(時事通信)

低価格オーダー服でセンスを磨こう(産経新聞)

 体形や好みのデザインで注文するオーダーメードの服が身近になってきた。高額な印象だがメーカー側が他店との差別化を目指し、低価格で独自のサービスを展開して注目度がアップ。体に合った服を着られるうえ、すそや裏地など細部にこだわりを反映できる点もおしゃれ心をくすぐりそうだ。(小川真由美)

 ◆自分のデザイン売る

 ワンピースのオーダーメード専門店「プライベートローブ」(東京都渋谷区)は、来店時に全身計11カ所を採寸。顔の輪郭、肩や腰の肉付きを考慮して生地や型を選ぶ。

 手間のかかる装飾を排し、中国で生産することで1万5千円(ノースリーブ)からという低価格を実現。インターネットのサイトからの注文も可能だ。平成19年の開業以来、延べ約600人が利用。フルオーダーのほか、生地が古くなって着られない手持ちの服を持ち込み、色や生地違いでつくる人も多いという。

 港区在住の会社員、岡田里美さん(32)は既製服は上が5号、下が9号で大半の服は合わない。岡田さんは「直しが要らず、自分でデザインも選べるのに安い。かなりお得」と満足そう。

 ユニークなのは利用者が作った服をサイトで公開し、それを見た人も注文できる点だ。自分のデザインが1着売れるとポイントが付き、現金化も可能。佐藤かおり社長は「値段が安ければおしゃれな人こそオーダーが一番」と強調する。

 ◆シルクでワンピース

 ブランド誕生から42年の人気ブランド「ロペ」(港区)は、ジャケットやワンピースなど基本の型と好みの生地を選び、体形補正をするイージーオーダーを実施中(1万4700円から)。対応サイズは5~13号で約10日間で完成。16年から開始し、今春はデニム、秋にはニット素材にも対象を広げ、オーダーを強化する。

 オーダーは店頭で販売する服より約5千円高いが、スーツに多いシルクウールの生地でワンピースを注文できるなど、同じブランドの服でも印象が変わり、着こなしの幅が広がりそうだ。広報担当の佐藤うららさんは「日ごろから人とは違うおしゃれをしたい人におすすめ。他店との差別化にもつなげたい」と話す。

 ◆目覚めるおしゃれ

 顧客の高齢化を打開しようと若い世代向けのサービスを始めたのが、創業明治40年の紳士服老舗「銀座山形屋」(中央区)だ。遠藤正弘販売促進部長は「顧客の平均年齢は45歳。以前は父から息子へ自然にお客さまは若返ったが、今は親子で趣味が全く違う」。

 銀座山形屋が3月に小田急百貨店新宿店に開業した若者向けの「ブレフ」は、肩やウエストの形が違う3型を用意。価格は3万9900円と2万9900円のみにした。店内には縦50センチ、横23センチ、色と柄で計100種類の生地をロール状に展示。ボタンや縫い目の糸の色も料金内で好きな色が選べるなど、オーダーの初心者でも気軽に来店しやすいよう配慮した。20~30代を中心に約500着が売れ(先月末現在)、好調だ。

 遠藤部長は「服装に無頓着な人でも一度利用すればおしゃれに目覚めるはず」とアピールしている。

郵便局から融資金詐取=弟装い計2460万か-容疑で50歳男逮捕・警視庁(時事通信)
<普天間移設>社民・山内議員、官邸前で抗議…くい打ち反対(毎日新聞)
中国の中間層にも観光ビザ発給へ=「富裕層のみ」から緩和-政府(時事通信)
天皇、皇后両陛下 東京都内の学童クラブを視察(毎日新聞)
「母子多く救われたが…」赤ちゃんポスト3年(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。