スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲仙・普賢岳 大火砕流19年、慰霊の祈り 長崎・島原(毎日新聞)

 死者・行方不明者43人を出した長崎県雲仙・普賢岳の大火砕流から19年となる3日、被災地の同県島原市で追悼行事があった。市はこの日を「いのりの日」と定め、終日慰霊の思いに包まれる。

 普賢岳は90年11月17日に噴火。大火砕流で91年6月3日に43人、93年6月23日にも1人の犠牲者が出た。周辺は今も立ち入り禁止状態が続いている。

 午前8時半、市は仁田団地第一公園の「災害犠牲者追悼之碑」前に献花所を設置。遺族や横田修一郎市長、市民らが次々に白菊を手向け、犠牲者の冥福を祈った。

 市内の小中学校で災害を語り継ぐ行事もあり、高野(こうや)小では、島原市の保育士、大山秀樹さん(29)が当時の思い出を話した。【古賀亮至】

【関連ニュース】
雲仙普賢岳噴火:あす「いのりの日」--島原 /長崎
長崎・雲仙普賢岳噴火:いのりの日控え、遺族らが「定点」周辺を草刈り /長崎
長崎・雲仙普賢岳噴火:大野木場小4年生20人、犠牲者慰霊キャンドル作り /長崎

<雑記帳>東尾さんらに ベスト・ファーザーin関西授賞式(毎日新聞)
警官また児童買春 容疑の交機隊員を近く立件へ(産経新聞)
新首相の「脱小沢」に警戒 自民(産経新聞)
口蹄疫特措法、4日施行(時事通信)
民主支持回復29%、辞任評価69%…読売世論調査(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。